当霊園について

城南ペット霊園は日蓮宗のお寺である光照山真了寺附属の東京都品川区の都心にあるペット霊園です。

日蓮宗光照山真了寺は、延命元年(1673年)日恵上人によって開山されました。
以来、歴史と伝統が今もいきづく品川の地で日蓮上人および門流開祖日什上人の法灯を守り続けています。
本堂内には室内納骨墓苑「久遠之苑」が併設されています。

ペット霊園として20数年の歴史を持ち、宗派、宗教は一切問わないこともあり、厳かな中にも節度ある誠実な対応に多くの方、数多くのペットちゃんの共感を呼び、ペットの火葬、葬儀、納骨、供養すべてをお任せいただける総合ペット霊園です。

お寺附属で僧侶常在の安心感のもと、最寄駅から徒歩5分の便利さもあり、品川区をはじめ、都内各地区、川崎市、横浜方面などのお客様にご愛顧いただいております。

愛するペットがもしものときはご遠慮なくご相談ください。

ご挨拶 ~生きとし生けるものには、かならず別れの時が訪れます。~

大切な家族の一員であったペットたちを手厚く葬ってあげたいというのは、同じ時間を過ごしてきた家族の願いでもあります。
城南ペット霊園のご本尊は観世音菩薩様です。
「慈眼視衆生 福聚海無量」(観世音菩薩様は慈悲の眼で衆生を視ておられる。
衆生がお鎚りすれば、福の聚まること、つまり願いの叶うことは海のごとく無量なり、何ごとも叶わぬこととてない)とお釈迦様が説かれたように観世音菩薩様は、いつ如何なる時でも慈悲の眼で衆生を視つづけておられます。
この場合の衆生とは、人間や動物などこの世の全ての生き物のことです。

当霊園の菩薩の名号を甘露灑観世音と申されます。
乾き切った渇愛の衆生に甘露の浄水をそそいで、熱を除いて清涼を得させよう、との願いが込められた御名です。
愛しきペットたちが眠るこの地を訪れ、名号を唱えペットたちのご冥福を祈られますように。

山主合掌

お電話はこちらから 0120-07-9910