亡くなったらまず

大切なペットちゃんがもし亡くなればとてもつらく悲しいものです。
家族の一員としていやしてくれたペットちゃんを手厚く葬ってあげましょう。

ペットを安置する

ペットちゃんが亡くなったら速やかにできるだけ日の当たらない涼しい場所に移して安置してあげてください。
できればビニールなどを敷いてバスタオルやわらかい布で包んであげてください。
中型犬、大型犬など手足が長い動物については手足を少し折り曲げてあげてください。
死後硬直が始まると体が硬くなります。硬直は予想より早く来ると思います。

ご遺体をふく

濡らしたタオルなどでご遺体をきれいにふいてあげてください。
死後もしばらくは目、鼻、おしりなどから体液が出てくることがあります。
目があいたままのときはまぶたを閉じてあげてください。

氷、保冷剤などで冷やしてあげる

氷や保冷剤があればおなかを中心に背中、頭などを中心に冷やしてあげてください。(ドライアイスがあればなお可)
おなか(内臓)や脳はいたみが早いといわれます。
暑い時期はエアコンなどでなるべく涼しくしてあげてください。

一緒に火葬するものを準備する

お花(生花)や食べ物などはご一緒に火葬できます。ご準備ください。尚、お好きだった食べ物はラップにくるむかビニールなどに入れるとよいでしょう。
プラスチックや首輪などの金物類は火葬できませんのでご遠慮ください。

手を合わせる

気持ちが落ち着かれたらありがとうの気持ちを込めて手を合わせてください。
ペットちゃんも報われると思います。

ペット霊園に電話する

準備ができましたら下記当霊園まで電話ください。
火葬、葬儀などその後のご相談を承ります。

お電話はこちらから 0120-07-9910